脇の処理をする時の注意点を教えてください

脇の黒ずみを治すためには処理の仕方に注意!

脇という部分は、他の部位と比べてみてもデリケートな部分であり、雑にムダ毛処理をし続けてしまうと、何らかのトラブルを引き起こしてしまうことがあります。
その中でも特に多い悩みが黒ずみです。
脇のムダ毛処理を処理する時に、何も考えずに適当に処理をしていては黒ずみの原因になってしまいます。
黒ずみができないようにするためにも、治すためにもムダ毛処理をする時には、やってはいけないことなどを踏まえて処理をする必要があります。

 

脇のムダ毛処理をする時の注意点

1)生理の時は避ける
女性は生理の時にホルモンバランスが崩れてしまい、肌が敏感な状態になります。
敏感な状態でムダ毛処理をしてしまうと、底が傷つきやすくなっていますので、黒ずみの原因になります。
カミソリを使う場合でも、毛抜きを使う時も生理の時はできるだけ避けるようにしましょう。

 

2)処理をするペースを少なくする
脇のムダ毛処理というと、毎日やっている人もいるかもしれませんが、毎日ムダ毛処理をするとなるとそれだけ肌に負担をかけていることになります。
ムダ毛の伸びるペースによっても回数を調整する必要がありますが、黒ずみができているのでしたら、現在よりも少なくするようにしましょう。
特に、冬などのように人に脇を見られることが少なくなる時期などは、休めるチャンスなので、処理するペースを少なくしましょう。
理想的な処理のペースとしては、2週間か1週間に1回程度が良いと言われています。
どうしても、これだけの間空けるのは難しいという場合は、できるだけ肌の負担にならないように処理をしましょう。

 

3)肌の保湿を心がける
肌が乾燥している状態でムダ毛処理をすると、肌が傷んでしまって黒ずみの原因になります。
処理をする時には、必ず肌に潤いがある時に処理してください。
また、肌だに極力負担をかけないように、シェービングクリームやワセリンなどを塗って、少し時間を置いた後に処理すると、脇が黒ずみにくくなります。
それから、長期的にムダ毛処理をしていなかった場合には、一度ハサミで切って短くしてから処理をしましょう。

 

上記で説明した方法は、処理の仕方などに関わらず、どのような処理方法でも注意する必要があります。
毛抜きならOKとか、カミソリならOKという訳ではなく、ムダ毛処理は少なからず肌に負担がかかります。
どのようにムダ毛処理をする場合にも、上記のことに気を付けていれば、自然に脇の黒ずみも目立たなくなるでしょう。