食生活で脇の黒ずみを改善できるって本当ですか?

脇の黒ずみは食生活でも改善できますか?

脇の黒ずみというと、ムダ毛処理をしたり、肌に何らかの負担をかけた時に起こることという認識のある人も多くいます。
確かに、直接的な原因としては、外的要因によって引き起こされるのですが、実は体の内側から黒ずみを改善できる方法もあります。
それが、食生活の見直しです。
脇の黒ずみと食生活というと、あまり関係ないように感じてしまうかもしれませんが、食生活を変えると黒ずみを改善できることがあるのです。

 

黒ずみを改善できる栄養素

1)コラーゲン
コラーゲンはもはや説明する必要もないくらい肌に良いことが知られています。
コラーゲンを摂取すると肌の保湿力が高くなり、プルプルの傷つきにくい肌になります。
脇の黒ずみは乾燥が原因で起こることもあり、コラーゲンをしっかり摂取して入れば内側から黒ずみの改善ができるのです。
特に、食事として摂取すれば体の内側から効果を感じやすくなると言われています。
コラーゲンが多く含まれている食べ物としては、サバ、豚もも肉、牛ヒレ肉などがあります。
2)ビタミンC
ビタミンCも肌を美しく保つ効果があるということで有名な成分です。
たんぱく質と一緒にビタミンCを摂取すると、体の中でコラーゲンがより多く生成されるようになり、肌に潤いを与えてくれます。
また、ビタミンCには美白効果もあるため、黒ずんでいる部分も白くキレイになる効果が期待できます。
ビタミンCが多く含まれている食べ物は、レモン、小松菜、ブロッコリーなど、主に野菜に多く含まれています。
3)ビタミンE
ビタミンEは血行促進効果に加えて、新陳代謝を高くする効果があります。
脇に限らず、肌が黒ずんでしまう原因は新陳代謝が悪くなっているからという理由も考えられます。
古くなった角質が生まれ変わらずに、ずっと残っていると、その部分が黒ずんでしまうという訳です。
つまり、新陳代謝を活発にしてターンオーバーが正常に行われるようになれば、黒ずみも改善されるようになるのです。

また、血行促進効果により体全体に栄養分が行き渡るようになり、しっかり体全体が健康的になります。
ビタミンEが多く含まれている食べ物は、アーモンド、マーガリン、レバー、大豆などがあります。

 

上記で紹介した、コラーゲン、ビタミンC、ビタミンEの3つが多く含まれている食べ物を、積極的に摂取することで体に内側から脇の黒ずみを改善できます。
しかも、これらの栄養素を多く摂取すると、脇だけではなく体全体の肌もキレイに生まれ変わりますので、ぜひ、意識して食生活を改善してください。