どうして妊娠したら脇が黒ずむのですか?

どうして妊娠すると脇の黒ずみが起こるのですか?

これまで健康的で美しい脇の人も妊娠してしばらくすると、脇が黒ずんでしまった・・・という経験をしたことがある人がいるかもしれません。
急に脇が黒ずんでしまうと、これからもずっと黒ずんだままなのか不安に感じてしまう人もいるでしょう。
ですが、これは妊娠によって一時的に黒ずんでいるだけなのです。
では、どうして妊娠すると脇が黒ずんでしまうのでしょうか。

 

妊娠すると脇が黒ずんでしまう理由

女性の体はホルモンバランスが崩れると、体に顕著に表れます。
例えば、生理の時です。
生理の時もホルモンバランスが崩れ、肌荒れや乳房のツッパリ感などを感じたことがあると思います。
その他にも、精神的に情緒が不安定になって、ちょっとしたことでイライラすることもありますよね。
それは妊娠の時も同じです。
ホルモンバランスが崩れてしまったために、脇が黒ずんでしまうのです。
ちなみに、妊娠すると乳頭も黒ずんでしまう人もいます。
どちらの黒ずみも個人差があり、ひどい人になると遠くから見ると、まるで脇毛が生えているかのように見えるほど黒ずみ人もいれば、変わったことがほとんど分からないくらいしか黒ずまない人もいるようです。
妊娠によって、脇が黒ずんだ場合、上記でも言ったように一時的なもので出産して数か月後には、ホルモンバランスが正常に戻って脇の黒ずみも改善すると言われています。
黒ずみ始めた時はショックを感じるかもしれませんが、しばらくすると元に戻ると思えば少しは楽になるのではないでしょうか。

 

妊娠時の黒ずみを抑える方法

妊娠すると黒ずんでしまうとはいえ、それを抑える方法がないわけではありません。
妊娠した時から、脇が乾燥してしまわないように、定期的に保湿をしていれば、黒ずみを抑えることができます。
お風呂上がりや汗をかいた時など、肌が乾燥しやすくなっている時には必ず保湿をするように心がけてください。
また、ホワイトニング効果のあるケア商品を使ってみるのも良いでしょう。
塗るだけで黒ずみを治せるような商品が多くあり、黒ずんでいないうちから塗り続けていると、出産するまでの黒ずみを最大限抑えることができます。
ケア商品はネット上で簡単に注文でき、自宅まで届けてもらえますので、つわりがひどくてなかなか動けない人や、体が重くてなかなか買い物にも行けないという人でも安心です。
出産しても、念のため2ヶ月くらいは続けていけば脇の黒ずみを心配することは無いでしょう。