脇のプツプツはどうやって治せばいいですか?

脇のプツプツはどうやって治したらいいのですか?

脇の黒ずみで悩んでいる人は多く、同じように脇のプツプツで悩んでいる人の数も多くいます。
どちらも、見た目が悪くなるということから、できるだけ隠そうとしたり、コンプレックスになってノースリーブのような露出の多い上着を着れなくなることもあります。
また、治りにくいことでも頭を悩ませる原因になります。
脇のプツプツはどうやって治したらいいのでしょうか。

 

脇のプツプツを治す方法

脇のプツプツを治す方法としては、保湿やピーリングなどが効果的です。
肌が乾燥している時に、毛抜きによるムダ毛処理をすると毛穴が開いてしまったり、肌が傷ついてしまうことによって脇のプツプツができてしまうことがあります。
毎日お風呂上がりにしっかり保湿をするように心がければ、脇のプツプツも目立たなくなり、次第に治っていきます。
それから、ピーリングでは角質をキレイにすることで毛穴の開きを目立たなくして、脇のプツプツを治していきます。
古くなった角質をそのままにしてしまうと、肌も硬くなってしまい、毛抜きで抜いた時に毛穴が開いたり、そこから菌が入り込んでしまって、脇のプツプツができる恐れがあります。
ピーリングをすれば、肌を新しく生まれ変わらせる効果があるだけでなく、ターンオーバーを正常に戻す効果がありますので、常にきれいな肌を保てるようになります。
また、ターンオーバーが正常に戻ればプツプツや脇の黒ずみも起こりにくくなるなど、様々なメリットがあります。

 

脇のプツプツの原因

ピーリングや保湿を心がけることで、脇のプツプツが治ってきたら、今度はプツプツを作らないように努力する必要があります。
治す方法を読んだらわかると思いますが、脇のプツプツの原因は毛抜きによるムダ毛の処理にあります。
肌が乾燥している時や弱っている時に毛抜きでムダ毛処理をすると、その部分の毛穴が開きやすくなったり、傷ついてしまう原因になります。
それがプツプツの原因になるのです。
特に、脇は他の部位に比べて肌の弱い部分でもありますので、それが顕著に表れてしまいます。
脇をキレイに見せるために毛抜きを使って毛根から抜いている人もいますが、黒ずみやプツプツができてしまうと、本末転倒になります。
肌が傷んでいなくても、肌の調子が良い時でも、油断しないで日常的に保湿を心がけ、定期的にピーリングを行うなどの習慣を付けておくことで、脇の黒ずみやプツプツを予防できるでしょう。