正しいムダ毛処理をすれば黒ずみはできないのですか?

間違ったムダ毛処理は黒ずみの原因になりますか?

あなたは脇のムダ毛はどのように処理していますか。
脇のムダ毛の処理と言えば、毛抜きを使って抜いたり、カミソリで処理をする方法が多く、それ以外には家庭用脱毛器を使ってムダ毛処理をする方法があります。
いずれの方法でムダ毛処理をするにしても、間違った処理を続けていると、結果的に黒ずみの原因になってしまいます。
脇の黒ずみができないようにするためには、正しい処理方法を続ける必要があります。
もちろん、既に黒ずみで悩んでいる人でも、正しく処理をしていれば黒ずみが目立たなくなります。

 

正しいムダ毛の処理方法

1)毛抜きを使う
毛抜きを使って脇のムダ毛を処理すれば毛根から毛が抜けますので、抜いてしばらくは毛がないキレイな状態に見えます。
ですが、肌にかかる負担は大きく、毛抜きによる処理を続けていると埋没毛やプツプツ、黒ずみなどの原因になります。
毛抜きで処理をする時には、特に気を付けないといけないのです。
肌に潤いを与えた後に処理をする、毛が生えている方向に向かって抜くなどのように、少しずつ気を付けていれば、比較的傷を付けることなくムダ毛処理ができます。
とはいえ、抜く方法は肌にかかる負担が大きいので、あまりお勧めできません。
2)カミソリを使う
カミソリを使って処理をする方法は、ムダ毛処理をする方法の中でもよく利用されています。
他の処理方法に比べて、短時間でムダ毛処理ができますし、キレイに処理できれば見た目もキレイになります。
カミソリを使ったムダ毛処理をすると、肌にかかる負担が大きく、間違ったやり方を続けている黒ずみの原因になります。
ですから、カミソリを使ったムダ毛処理は極力負担にならないように、シェービングを塗った後に処理する、毛が生えている方向に向かって剃る(逆剃りをしない)などです。
この2点に気を付けてカミソリを使えば、肌にかかる負担を抑えられます。
3)家庭用脱毛器を使う
最近は家庭用脱毛器を使う女性も増えてきました。
家庭用脱毛器はフラッシュ脱毛器であれば、肌にかかる負担も弱く、アフターケアなどをしっかりしていれば黒ずみになることはほとんどありません。
フラッシュ脱毛器では、使用した後の肌が乾燥した状態になりますので、必ず化粧水などで乾燥を防ぎましょう。

レーザー脱毛器はフラッシュ脱毛器よりも肌にかかる負担が大きく、頻繁に使うと黒ずみの原因になります。
家庭用脱毛器はフラッシュ脱毛器から選ぶようにすることをお勧めします。
どちらにしても、使用頻度は最低限に抑えるようにすれば、脇も黒ずみにくくなります。

 

ムダ毛処理のやり方によって、正しい処理方法が変わりますので、上記で紹介した処理の仕方を学び、肌に負担をかけないようにムダ毛処理を行いましょう。