ケアしても黒ずみが改善しないのはどうしてですか(泣)

どうしたら脇の黒ずみはよくなるの(泣)

脇の黒ずみはそのまま放っておくと、いつの間にかかなりの存在感を出してしまっていることがあります。
脇は袖がある洋服であっても、意外によく見えてしまう部位ですので黒ずみがあると、手をちょっと上げるのも気になってしまいます。
そして、ノースリーブが着れないというストレスだってあります。
黒ずみは積極的なケアをしていかなくては、もっと悪化することはあっても、改善することはまず難しいと考えてください。
このページでは、積極的なケアがどんなものなのか…について詳しくお話します。

 

まずは原因を知る

別ページで脇の黒ずみの原因について詳しくお話していますで、ここでは簡単に原因を紹介します。
ムダ毛の自己処理による肌のダメージ
・腕振りや下着・衣服による摩擦
・汗などによって雑菌が増加→炎症を起こしたことによる色素沈着
・制汗剤の成分を毛穴に詰まらせたことによる色素沈着
食生活のバランスが取れていないことによる肌荒れ
こうして見ると、どれも肌が何らかの刺激を受けてしまったために黒ずみが出きていることが分かります。
特に、ムダ毛処理については、早い人ですと小学校あたりからケアを始めていることから、長年の自己処理で黒ずみが進行しているケースも非常に多いです。
ですが、黒ずみの原因は食生活のように改善の余地があるものもあれば、なかなか解消することが難しいものもあります。
肌がダメージを受けてしまうのが仕方ない状況であれば、しっかり肌ケアをすれば良いだけのこと。
顔にはお金をかけてケアするのは当たり前ですが、体の細かい部分に気を配ることを忘れてはいけません。

 

ケアしていても黒ずみが解消されない…

脇の黒ずみケアで有効とされているのが
・美白効果の高いローションを使う
・黒ずみケア専用の商品を使う
・保湿力が高める
・ビタミンCを積極的に摂る
こういったケア方法です。
ですが、こういったケアをしていても黒ずみが改善されなくて、もっと悩んでしまう状況に陥ってしまうケースもあります。
脇のケアもしているのに改善されないのは以下の理由が考えられます。

 

@ターンオーバーのサイクルが異常
ターンオーバーはだいたい4週間周期で肌が生まれ変わっていきます。
ですが、肌が刺激を受けることでこのターンオーバーに乱れが生じてしまい、黒ずみができやすい肌環境になってしまうのです。
黒ずみができやすい環境でケアしてもそれほど効果は期待できませんが、黒ずみができにくい環境でのケアなら肌はどんどん美しくなっていきます。
ターンオーバーは肌環境を整えるためには必須な要素ですから、以下のことを心がけましょう。
・野菜中心の栄養たっぷりな食事を摂る
・夜10時〜2時までに就寝する
・運動や入浴でたっぷり汗をかく
Aケアしている期間が短い
脇の黒ずみは一度できてしまうと、すぐには治りません。
エステでも、肌のターンオーバーに合わせて3〜4週間に一回、合計で6回くらい通う必要がありますので、そう簡単ではないことが分かると思います。
黒ずみ改善の変化が現れるのは個人差がありますが、1カ月くらいではまだ分からないこ場合もありますので、気長にケアを続けていくことが大切です。