脇の黒ずみの原因を教えてください

ムダ毛をだけが問題じゃない!?脇の悩み

脇の悩みと言えば、ムダ毛処理に関する悩みが一番に挙がりますが、ムダ毛を解決してもまだ問題が残ります。
それは脇の黒ずみです。
黒ずんでいる肌は清潔感がないように見えてしまいますし、当然美しさも欠けてしまいます。
ですが黒ずみというのは、改善することができます!
もちろん一度黒ずみができてしまうと、そう簡単に元通りの白い肌になるということではありませんが、専門のケア商品を使用することで、少しずつ黒ずみが薄れていく可能性は十分にあるのです。
ただし、脇の黒ずみを改善させるには、そもそもなぜ脇が黒ずんでしまうのかを知っておかなくてはいけません。

 

脇の黒ずみ、意外な原因

1)むだ毛の自己処理
脇をキレイにするにはムダ毛の処理が必要ですが、この時に自己処理ですとカミソリや毛抜き、除毛剤などいずれも肌にとっては負担がかかってしまう方法を選択しなくてはいけません。脇のむだ毛は濃くて太いですから処理するのも苦労してしまいますよね。
ですが、あなたがしてきた苦労というのは、脇から潤いを奪ってしまうという結果を招いてしまっていたのです。
脇の黒ずみができるまでのサイクルを簡単に表してみました。
脇毛の自己処理→肌に大きな負担→ターンオーバー(肌が生まれ変わる周期のこと)の
崩れる→角質に厚みが出てきてメラニンが増加→肌の乾燥…
この繰り返しによって肌は少しずつ傷ついていき、黒ずみの徐々に目立っていってしまうという悪循環を作っているのです。
2)制汗剤
制汗剤は夏場は特にエチケットとして使っている人は多いと思いますが、この制汗剤も実はなかなかの曲者。
1日に何度も使用すると、肌の抵抗力がダウンして黒ずみが起こりやすい環境になってしまいます。
汗で蒸れてしまうと、ニオイが気になってしまいますので制汗剤
3)摩擦&ムレ
衣服や下着の摩擦は汗で蒸れてしまった肌に負担をかけてしまいます。
汗はこまめに拭いていると臭いも出ませんし、肌にも優しいのですがそのまま放っておくと雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです。
4)生理中・妊娠中のムダ毛処理
@番と同じくムダ毛ネタなのですが、生理中や妊娠中の期間は肌がとてもデリケートな状態にあります。

生理前には決まってニキビができてしまうとか、肌荒れしやすくなってしまうという人も多いでしょう。この時期のムダ毛処理は特に慎重でなくてはいけません。
できることなら、ムダ毛処理は避けたほうが良いです。
この期間にムダ毛処理をして肌に著しいダメージを与えてしまうと、黒ずみやすい状態となってしまいます。